華日記 子育てと、趣味と、生活と。

子育て、趣味、生活、星野源について綴ります。

子供はサンタクロースを何歳まで信じているのか?

f:id:hana8hana:20181224132034p:plain


ご訪問いただきありがとうございます。
はなでございます。

今日はクリスマスイブ。
小さなお子さんがいらっしゃるご家庭は、プレゼントの準備はもうバッチリですか?

我が家の子供はもう中高生なので、サンタさんはもう来ません。
「サンタさーん、現金をくださいーい」と叫ぶ息子を鬼スルー。
クリスマスは、夜に家族でチキンとケーキを食べるだけのイベントになりました。

さて、世の中のお子さんは、一体何歳までサンタクロースを信じているのでしょうか?
=親は何歳まで子供を騙しているのか?

 

我が家は全力で子供たちを騙しておりました。
ごめんよ、子供たち。

NORAD(北米航空宇宙防衛司令部)がサンタの追跡動画をアップするので、毎年その動画を見せて嘘を確固たるものに仕立て上げ。


【毎年恒例】NORADが「サンタ追跡サイト」を12月1日にオープン


そして、25日の朝「サンタさんがプレゼント置いてくれてるで!!」
と子供たちを起こし、寝ぼけた顔で喜ぶ子供たちをビデオに収める、というのが我が家のクリスマスでした。

あー、遠い昔のよう・・・。

長女の場合

クリスマスプレゼントは小学校までと決めていたので、小学校6年生のクリスマスでカミングアウトして、コンプリートしようと画策しておりました。

が、娘が6年生の時、
「〇〇ちゃんはサンタさんに何をお願いするん?」と友達に聞くと、

友達に
「サンタさんはお父さんとお母さんやで?
まだ信じてるん?」

と言われたのです。

半信半疑の娘は演技をして知らないフリをしました。

私が娘に「クリスマスはサンタさんに何をお願いするん?」と聞くと、
裁縫が大好きな娘は「ミシンが欲しい」というので、ミシンを準備。
私の部屋にプレゼントを当日まで隠していたのですが、娘はそれをこっそり発見していたのです。

クリスマスの朝、「サンタさんがプレゼント置いてくれてるで!」と娘を起こすと、

「お母さんが置いたんやろ!
私がまだ信じてると思ってんの?!」


と言うじゃないですか。

だぁぁぁぁぁーーー(T_T)

コンプリートまであと一歩だったのに。

 

というわけで、我が家の娘は小学校6年生まで信じておりました。

 

f:id:hana8hana:20181224140004j:plain



長男の場合

それはもう伝説の教師でした。

息子が小学校2年生の時、担任の先生が妊娠中で、妊娠の経過が順調ではなかったために4月に臨時で来たおじさん先生。

あまりに破天荒な臨時教師に、学校も保護者も呆気にとられることがしばしばでした。
でも悪い点ばかりではなく、良い点もあったので、まあ人間的というかなんというか。

授業はひたすら雑学で教科は先生が教えようとしません。
そして算数は算数係が、国語は国語係が先生の代わりに教えておりました。

あまりのめちゃくちゃぶりに緊急保護者集会が開かれ、

「きちんと授業を教えてください。漢字とか教えてくれないと子供も覚えないし。」と保護者が訴えると、

「今時パソコンの時代ですからねえ、漢字くらい書けなくてもどうにでもなりますわ。」と先生が回答。


そんな伝説の教師が担任の時。

先生が終業式の日にクラスで

「サンタクロースを信じてる人、手挙げて~」


と子供たちに質問。
小学校2年生なので、ほとんどの子供が信じており手を挙げました。

すると先生は、

「サンタさんはいません。
サンタさんの正体はお父さんとお母さんです。」

と言ったそうで。

 

息子は帰宅するなり、

「サンタさんはお母さんやったん?」

と聞くじゃないですか。


仕方なしに息子に言いました。
「騙してごめんな・・・。」

 

というわけで、我が家の息子は小学校2年生まで信じておりました。

 

▼伝説の教師のお話はこちら▼

www.hana8hana.com

 

まとめ

子供たちにプレゼントを準備して、夜中こっそり枕元に置くのも、子育ての中でとても楽しいイベントのひとつでした。


世の中の親御さんは、どのようにカミングアウトするのでしょうか。
気になるところです。

皆さま、素敵なクリスマスをお過ごしください。
では(^^)/