華日記 子育てと、趣味と、生活と。

子育て、趣味、生活、星野源について綴ります。

インフルエンザ予防【R-1ヨーグルト】は効果アリなの?明治の実験結果を読み解く~予防接種卒業5周年

 

f:id:hana8hana:20181204121255p:plain


ご訪問いただきありがとうございます。
はなでございます。


我が家には中3の受験生がおります。
なので、今年はインフルエンザの予防接種を受けるかどうか絶賛悩み中。

というのも、
我が家は5年前にインフルエンザの予防接種をやめてしまったのです。

理由はというと、
毎年予防接種を受けているにも関わらず、なぜか4人家族の内2人が交代で3年連続インフルエンザに罹ったからです。

かかりつけ医で家族4人予防接種を受けると、1万2千円かかります。

高えぇーーー(T_T)


そんな大金を支払ったにも関わらず罹患率50%ってどうなのっ!
とヤケクソになり、やめてしまいました。

予防接種卒業から5年。
たまたまなのか、その後インフルエンザには家族の誰一人感染していません。

 

 

予防接種をやめてもインフルエンザに感染しなかった理由として考えられる事

 

R-1ヨーグルトを食べ始めた

予防接種の代わりに始めた事は、「R-1ヨーグルト」を食べる事です。
ですが、純正のR-1ヨーグルトではなく、自家培養したなんちゃってR-1なので、効果は定かではありません。  

予防に気を付けるようになった

インフルエンザに罹っていない大きな理由の一つに、
予防接種を受けていないから予防に気をつけるようになった
からではないでしょうか。
以前は予防接種を受けているからといって油断し、罹らないもんね~、と調子ぶっこいでたんじゃないかと思われます。

 

インフルエンザ予防の基礎知識おさらい

これから入試を無事乗り越えるために、一般的にインフルエンザの予防に効果があるとされていることを改めておさらいしておきます。

 

インフルエンザの感染経路

1 飛沫感染
感染者の咳やくしゃみで飛んだウイルスを吸い込むことによって感染

2接触感染
ウイルスのついたドアノブなどを触った手で口や鼻に触れることでウイルスを取り込んで感染

 

インフルエンザに感染しないための対策ポイント

f:id:hana8hana:20181204111949j:plain

1 栄養と休息を十分にとる
体力をつけ抵抗力を高める事で感染しにくくなります。

2 適度な温度と湿度を保つ

f:id:hana8hana:20181216000846p:plain
インフルエンザウィルスは気温10度前後、湿度10~30%程度の低温低湿が大好き。
気温20度以上、かつ湿度50%以上で、インフルエンザウイルスは6時間後に5%未満にまで減少することが明らかになりました。室温は適度な温度と湿度に保つ事が大切です。

3 手洗い&うがい

f:id:hana8hana:20181216000610p:plain

手洗いは手についたウイルスが目、鼻、口などの粘膜へ付着するのを防ぎます。
外出から帰宅したら、手洗いうがいはしましょう。

 

4 人混みを避ける
人混みでは感染者の咳やくしゃみから飛沫感染しやすいです。
流行時期には人混みや繁華街は避けるほうが無難。

 

R-1ヨーグルトがインフル予防に効果?明治の実験結果をざっくり読み解く

f:id:hana8hana:20181020154551j:plain
(引用元:明治R-1公式サイト

R-1ヨーグルトがインフルエンザの予防に効果があるらしいという不確定な情報はネットで散見されます。
ちなみに我が家は前述の通り「なんちゃってR-1」を食べ始めてからインフルに感染していないのですが、何しろなんちゃってなので、「効果あり!!」と胸をはって堂々と宣言できないのが辛いところ。

果たして本当に効果があるんでしょうか・・・?

と思ったら、明治さんがきちんと実験結果をレポートされているではないですか!


簡単にまとめて実験の内容をざっくり読み解こうと思います。

 

マウスの実験より

インフル感染21日前からインフル感染4日後まで、乳酸菌1073R-1を使用したヨーグルト、もしくはR-1が生み出すEPSを与えたマウスと水を与えたマウスを比較。

すると、水を与えたマウスは感染後10日以内で全滅。
それに対して、R-1ヨーグルトを与えたマウスは生存率が向上。
生存日数も長くなり、感染性ウイルス価(感染力のあるウイルスの数)が減少。
EPSも同じ効果が得られました。

感染性ウイルス価の低下について

f:id:hana8hana:20181203235947j:plain
(引用元:明治公式サイト

 

〇実験結果〇

乳酸菌1073R-1株を使用したヨーグルト、EPSともに、自然免疫(NK細胞)を活性化し、インフルエンザウイルスの数を減らす効果があることが分かりました!

 

ヒトの実験より

1 インフルエンザワクチンの効果を高めるR-1

インフルエンザワクチン接種3週間前からワクチン接種6週間後まで、R-1ヨーグルトドリンクを毎日1本飲んだヒトと単なる乳酸菌飲料を毎日1本飲んだヒトの抗体の量を比較。

 

25歳~59歳の男女を対象とした試験での抗体価の推移(A型H1N1、B型)

f:id:hana8hana:20181204103321g:plain

 (引用元:明治公式サイト

〇実験結果〇

ワクチン接種後に体内で作られる抗体の量(抗体価)が、R-1ヨーグルトドリンクを飲んだヒトの方が乳酸菌飲料を飲んだヒトよりも多い結果に。
つまり、R-1ヨーグルトはインフルエンザワクチンの効果を高めるということが分かりました!

 

2 抗体を増やしてくれるR-1

老人ホーム入所中の高齢者対象に12週間、R-1ヨーグルトを1日1回食べた高齢者と、普通のヨーグルトを1日1回食べた高齢者を比較します。
ヨーグルトを食べ始めてから5週間後に、両グループともインフルエンザワクチンを接種しています。

インフルエンザA(H3N2)亜型に反応する唾液中IgAが増加(変化率)

f:id:hana8hana:20181204103220g:plain

 (引用元:明治公式サイト

〇実験結果〇

R-1ヨーグルトを食べた高齢者の方が、普通のヨーグルトを食べた高齢者よりも、インフルエンザA型H3N2ウイルスに反応するIgAが増えました!IgAとは、主に口や鼻、目や消化管などの粘膜に存在する免疫の「抗体」の1種です。

 

実験から私が理解した事と結論

マウスの実験から

毎日R-1ヨーグルトを食べてるマウスも結局インフルには感染しとるやないかい。でも長引いたり重篤化したりするのは避けられるっぽいです。

ヒトの実験から

結局実験対象者は全員予防接種をしてる

R-1はワクチンの効果を高めたり、抗体を増やしたりするはしてくれるけど、

R-1ヨーグルト単体でインフルを予防できる!
なんて事は書いていなかった(゚Д゚;)
ガーン。


R-1ヨーグルトがインフルエンザ予防に効果があるというのは、私の単なる勘違いでした。

正しくは、

  • 感染後重篤化を防いでくれる
  • ワクチンの効果を高めてくれる
  • ワクチン接種後抗体を増やしてくれる


予防接種を卒業してからインフル感染を免れているのも、単なる偶然でしょう。決して毎日食べているなんちゃってR-1ヨーグルトの恩恵ではなかったのです。


●結論●

R-1ヨーグルトだけでインフル予防が可能とは記載されていませんでした。
しかし、ワクチンの効果を高めてくれたり、抗体を増やしてくれたり、ヒドくならないので、

f:id:hana8hana:20181204112345j:plainf:id:hana8hana:20181204112416j:plain最強
つまり、

R-1ヨーグルトと予防接種のダブル効果でインフルと戦う!
がベストという結論に至りました。
予防接種行ってきます。

では(^^)/