華日記 子育てと、趣味と、生活と。

子育て、趣味、生活、星野源について綴ります。

食パンの耳が苦手なあなたへ。パン耳がサクサクになる美味しい裏技&クラストカッターが解決します。

f:id:hana8hana:20180920104833j:plain


ご訪問ありがとうございます。
はなでございます。

 

フィリップ・ビゴさんの訃報によせて。


フィリップ・ビゴさんが亡くなられました。
関東の方では有名な方なのかどうかわかりませんが、私が住む兵庫県ではビゴさんと言えばフランスパンの神様です。

1965年に来日。
全国のドンクの店舗をまわり、フランスパンの焼き方を教え続けられました。
1972年芦屋に「ビゴの店」1号店をオープン。
兵庫県の阪神間には現在たくさんお店があります。

www.bigot.co.jp


日本でフランスパンが広まったのは、ビゴさんのお陰と言っても過言ではないのです。
私はビゴのお店のフランスパンが大好きです(^^)
ビゴのお店に行くと、ついついフランスパンに手が出てしまい、他のパンを食べた事がありません(-_-)

ビゴさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

突然ですが私も子供も食パンの耳が苦手です。


食パンの耳お好きですか?
私はベーカリーの食パンの耳は全然OKなのですが、スーパーで売られている食パンの耳がどうしても苦手です。
なんでだろ・・・・?
何だかモサモサして、美味しくないんですよねえ。

でも食べないともったいないし、他にリメイクするのもザッパーな私は面倒なんで、不味いと思いながら我慢して食べるけど、これがまたストレスになり、えーい、もう食パンなんか買うのやめちまえっ、とちゃぶ台をひっくり返す勇気もなく惰性で食べている今日この頃です。

 

すごい発想クラストカッター


そんな折、私が大好きな関西のローカル番組「あさパラ!」という番組の中の「最先探偵モモタン」というコーナーで、「クラストカッター」という商品を紹介していたのです。

ちなみにこの「最先探偵モモタン」というコーナー。
色んな便利グッズが紹介され、それにハイヒールのモモコさんが色々コメントをしていくのですが、このコメントが「高っ!」「買えへんわ~これは」「100均で出来そうやけどなあ~」など、視聴者の気持ちを代弁したケチョンケチョンの厳しいツッコミをされるので、商品を紹介してもらうメーカーさんにとって宣伝になっているのか、なっていないのか、よく分からないコーナーです。
大好きです。

で、そのクラストカッターがこちら。

f:id:hana8hana:20180920112015j:plain

まいど!東大阪 東大阪観光協会

東大阪のマツダ紙工業さんが製造されています。

 

クラストカッターを使ってみよう。

クラストカッターの使い方はこんな感じ。

パンの耳に一辺に2か所ほどカッターでパチンと切り込みを入れる。

f:id:hana8hana:20180920112755j:plain

f:id:hana8hana:20180920112923j:plain


そして普通にトーストする!
それだけ!


シンプル・簡単・美味しい。
これ最高。

 

するとどうなるの?


食パンの耳がサクサクラスクの様に美味しくなるんです。
食パンの耳は密度がつまっているので、白い本体部分より焼いても水分が飛びにくいのです。
そこで、カッターで切り込みを入れる事で、そこから水分が抜けやすくなり、焼き上がりがサクサクするのです。
よく思いついたな~。

 

が、しかし。


そもそも、私、物が増えるという理由で、他に使い回しのきかない専用器具というものを極力持たないようにしているんです。
融通のきかない人もモノも苦手です。

切れば良いんでしょ?切れば!
と半ば逆切れ気味に、キッチンバサミでチョキンチョキンと。

結果、同じ。
企業努力で生み出された発明品に水を差すようで申し訳ない。
発想は超リスペクト。

スーパーの激安品でも、パン耳チョキンチョキンした食パンは子供たちも残さず完食!
食感が明らかに変わるので、オススメ技です。

では(^^)/