華日記 子育てと、趣味と、生活と。

子育て、趣味、生活、星野源について綴ります。

音楽食わず嫌いの方にもおすすめ。秋の夜長のお供に心震える音楽マンガ4選。

ご訪問いただきありがとうございます。
はなでございます。

長い酷暑も終わり、いよいよ秋の到来!
芸術の秋、音楽の秋、読書の秋、食欲の秋。

私は普段ピアノをやっており、音楽を演奏するのも聞くのも読むのも大好き!
というわけで、今日は読む音楽を。
私が大好きな音楽漫画5つを紹介させてください(*^^*)

BLUE GIANT 全10巻

ジャズに心打たれた高校3年生の宮本大は、川原でサックスを独り吹き続けている。
雨の日も猛暑の日も毎日毎晩、何年も。
「世界一のジャズプレーヤーになる…!!」
努力、才能、信念、環境、運…何が必要なのか。
無謀とも言える目標に、真摯に正面から向かい合う物語は仙台、広瀬川から始まる。

引用元:アマゾン


以前「アメトーーク! 本屋でマンガ大好き芸人」(テレビ朝日系)で麒麟の川島さんが最近のダントツとオススメし、放送直後バカ売れした漫画です。
作者は『岳 みんなの山』の石塚真一さん。


主人公宮本大があるきっかけでジャズに出会い、世界一のサックスプレイヤーになるという夢をひたすらにがむしゃらに追いかける物語です。
自分の未来を信じる大の姿に心を揺さぶられます。

「このマンガは紙から音が聞えてくる」
「夜中に読み終わったら、自分はこんなところで何ボーっとしてんねんと走りたくなる」
と麒麟の川島さんがおっしゃる通り、本当に音楽が聞こえてくる錯覚がするほど、表現力が圧倒的なのです。
そして、何だかぼんやりした日々の生活に活を入れてくれ、
私もやるぞーーーーーーーーーーっ!!!!と胸が熱くなるのです。


ジャズに興味がない人も聞いてみよっかな?と思える作品ですよ。

ピアノの森 全26巻

森のピアノは、その少年を待っていた――。捨て去られたピアノ。壊れて音の出ないピアノ。いま、ひとりの少年の選ばれた指が、失われた音を呼び覚ます。少年の名は一ノ瀬海(いちのせかい)。彼は心に深く豊かな森を抱えていた。 引用元:アマゾン

18年。あー、長い連載だった。
途中掲載誌が廃刊になったり、不定期連載だったり連載休止だったり、色んな事情を乗り越えてようやく最後までたどり着きました。
でも途中で放棄してあきらめるなんて絶対にできないくらい、魅力的な作品。

とにかく主人公のカイ君がかっこよすぎて(*^^*)
森の端という風俗街で生まれ育ったカイ君が、森の端から世界へ飛び出しピアニストになるというストーリーです。
カイ君の成長とともに、師弟愛の深さ、友情の大切さに感動の嵐です。
登場する楽曲は深く突っ込んではいないので、クラシックやピアノに興味がない方でも読みやすい、清々しいピアノマンガです。
映画化もされました。