華日記 子育てと、趣味と、生活と。

子育て、趣味、生活、星野源について綴ります。

パクリアカン!中国で草間彌生&村上隆の偽展覧会開催~荒野行動・iPhone何でもアリ

 

ご訪問いただきありがとうございます。
はなでございます。

またまた中国のパクリニュースが世間を賑わしていますね。

 

f:id:hana8hana:20181101142347j:plain

青いニャンコとか、

f:id:hana8hana:20181101142409j:plain

ネズミさんだったり、

f:id:hana8hana:20181101142431j:plain

超人さんは、まだ笑えた。

 

f:id:hana8hana:20181101090034j:plain
(引用元:自由時報

これ絶対あかんヤツやろ(゚Д゚;)


世界的に有名な美術家である草間彌生さんと村上隆さん偽共同展覧会が、今年4月以降、深圳、広州、武漢、上海、長沙で開かれたそうです。
展示されているのはすべて贋作、ご本人のサインまでパクられているらしい。
もちろんこの偽展覧会、草間彌生さんと村上隆さんご本人方は全くのノータッチ。
お二人の代理人は、主催者らに対して著作権侵害の疑いで法的手続きをとるそうです。

上海在住の友人の反応は「またかい、さすが中国」。
多分、みんな同じ気持ちだと思うんですよね。

それにしても何で堂々とこんなえげつない展覧会が開催できたのか。
開催する前に誰も突っ込まなかったのか、不思議でなりません。

 

一国の成長過程では仕方のないことだ、では片付かない

確かに日本も戦後、アメリカやドイツの色んなものを模倣して経済発展したというのは事実です。
中国も文化大革命が終わり、鄧小平の指導体制のもと改革開放路線を突っ走り、今では立派な経済大国です。
でもね、鄧小平が改革開放政策始めたのって、もう40年以上も昔の話ですよ。
模倣して発展っていう段階はとっくに脱出しているのでは?
なのに今も経済も芸術も文化もあれもこれもパクリまくりなのは何故?? 

 

パクりはバズる近道なり。

例えば、荒野行動

我が家の息子も娘も大好きな荒野行動。
携帯やWindowsのバトルロイヤルゲームです。
これ、もともとは韓国のPUBGというゲームのパクリで、著作権侵害で提訴もされています。
今ではPUBGの方がプレイヤー数が多いようですが、一時は荒野行動のダウンロード数の方がPUBGの10倍もあり、圧倒的に多かったのです。

 

そして、小米(シャオミー)

小米はスマホメーカーとして創業した総合家電メーカー。
iPhoneを徹底的にパクりまくるメーカーとして知られています。
「中国のアップル」と称され、創業者の雷軍は「中国のジョブズ」なんて呼ばれています。
2014年にはサムスンを抜いて、中国市場でトップになりました(シェア14%)。
2018年5月に発売された「小米8」。
iPhoneXとそっくりです。

f:id:hana8hana:20181101210527j:plain

(引用元:小米公式) 

2018年6月発売当初の価格は64GBモデルは2699人民元(4万6千円)、128GBモデルは2999元(5万1千円)、256GBモデルは3299元(5万6千円)。 
2018年11月現在で少し値下がりして2499元からとなっています。
アンドロイド端末で最高峰のスペックなのにこの価格設定。
ちなみにiPhoneXS(2018年9月発売)は64GBモデルで112,800円、256GBモデルで129,800円となっており、小米はiPhoneの2分の1以下の価格設定です。
コスパ最高!ってことで、中国国内だけでなく、香港、台湾、インドネシア、インドなどアジアでかなりのシェアを拡大しています。

 

パクリはリスペクトなり。

こうして堂々とパクリをされると、私たちは
なんでパクるの?恥ずかしくないの?」 と思います。

でも反対に、中国はそのパクリの完成度が高ければ高いほど「よく頑張ってよく似たの作ったね!エライね!」と賞賛に値することなのです。

そこにパクリに対する根本的な考え方の違いが存在するのです。

中国はリスペクトしているからこそ、同じモノを作りたい。
だから、パクる。

でも、パクリスタートだけど、技術はかなり進歩したから、後はオリジナリティを付け加えてもっと良いモノ作って追い越しちゃうからね!
というのが、今の中国なのです。
もう笑って済ませられないくらい技術は本当素晴らしいのです。


そして中国において「本物」とは、

 

日本 最初に生み出す=本物
中国 最後に市場で勝つ=本物

 

日本では真似をすることに対する軽蔑感が半端ないです。

それに反して中国は、
トップ以下はトップの真似をして当たり前。
遠回りしてオリジナリティにプライドをかけるなんて、ナンセンス。
堂々と真似して追い抜く。
市場で勝った者が本物なのだから。

 

知的財産権軽視がもたらすデメリット

パクリ天国の中国で知的財産権を守られていない現実は、ビジネスではメリットをもたらすかもしれませんが、芸術やコンテンツ産業などにおいては明らかにデメリットで、成長を阻害するのです。
大切に保護して育てないといけない分野なのです。
ひと様の作ったモノをパクって同じモノを作っても、意味のない分野ですから。

中国は文化大革命で、長い歴史の中で培ってきた伝統文化や芸術を自分たちでぶっ壊してしまいました。今現在も、新疆ウイグル地区では文革当時並みに仏教遺跡が盗掘されたり、文化財が破壊されています。国も放置しており、非常に悲しい状態です。パクリ 以前に、自国の芸術や文化財をリスペクトして欲しい。

これだけ経済が発展した中国。
彌生さんの水玉ワールドをパクってる場合じゃないよ。
次はオリジナリティを育てていくべき段階に到達したんじゃないかな?と思っております。 

 

日本の方にも中国の方にもぜひオススメの大塚国際美術館

徳島の鳴門市に大塚国際美術館があります。
この美術館、すべての作品が完璧に精巧に原寸大に再現された「陶板画」なのです。
世界中の名画がここにあり。
地下3階から地上2階まで、鑑賞ルートは約4㎞。
1日ゆっくり鑑賞するのがオススメです。
ちなみに「大塚」はあのポカリスエットの大塚製薬です。
入場料が一般で3240円もするのですが、高い入場料を払っても鑑賞する価値アリ。

中国の方にも、完璧なパクリ再現とはこれだ!というのをぜひ見てほしい。
どれも本物の質感で圧巻です。

大塚国際美術館|徳島県鳴門市にある陶板名画美術館



では今日はこの辺で(^^)/



参考

news.ltn.com.tw