華日記 子育てと、趣味と、生活と。

子育て、趣味、生活、星野源について綴ります。

不登校や子育て、学校教育を考えるのに私を助けてくれた大好きな本たち

f:id:hana8hana:20180912085035p:plain

ご訪問ありがとうございます。
はなでございます。


昨日我が子の不登校について長々と綴ったのですが、(我が家の中学生、絶賛不登校中)子供が不登校になったのをきっかけにたくさんの関連本を読みました。
その中で、特に不登校や子育て、学校教育について考えるのに私を助けてくれた、私のお気に入りの本を紹介させてください。

 

そして生活はつづく 星野源著

 

星野源さんの著書の中でも、初めて書かれたこのエッセイが一番大好きです。
源さんのパーソナリティが理解できる一冊です。
正直で自由な文章に、笑い、泣き、しみじみしたり。
源さんはパニック障害やいじめ、不登校を経験しています。
でもそんな辛い経験があった源さんが、今あんなにキラキラ輝いていらっしゃる姿を見るたびに、人生色々あるけどどうにかなるかも、と前向きになれます。
源さんのお母さんが、源さんが学校に行きづらくなった時の対応などは、不登校の親としてとても参考になりました。
クスクス笑って癒されます。

 

 

 すべての教育は「洗脳」である  堀江貴文著

 
子供が学校に対して抱いている違和感とは何なのか、この本を読んで腑に落ちました。
どうりで、不登校や子育ての観点からアプローチしても、不登校が解消されないはずだなと感じました。
現役の子育て中の親御さん、そして不登校中の子供にも勧めたい一冊です。
学校教育に対する違和感や疑問点を論理的にまとめてくれています。
そして、学校の勉強ができなくても大した問題じゃない、好きなものに熱中すれば良いんだ!とやる気が出ます。

 

 

森田療法 岩井寛著

 

森田療法をご存じでしょうか。

森田療法は、東京慈恵会医大初代精神科教授の森田正馬先生が創始し1919年に確立した、日本独自の精神療法です。
森田先生自身が神経症に悩まされ、試行錯誤を経てこの治療法を編み出しました。

欧米の治療法は不安やそれにまつわる症状を病的異常として取り除く事に重きを置くのですが、それに対し森田療法は不安があるのは人間として自然な事で、あるがままを受け入れ、不安との共存を目指す治療法です。
森田療法に関する書籍は多々あれど、トップオブザ森田療法本だと思います。
著者の岩田先生は末期癌のため、失明状態で口述筆記によってこの本を書きあげられました。著者の魂が込められた本なのです。

私は娘が学校に恐怖感を抱き続けた結果、不安神経症を発症したのでこの本を読みました。娘も読みました。気持ちが楽になったようです。

神経症の方だけでなく、仕事にお疲れの方や子育て中の方にも、オススメしたい一冊です。アドラーの『嫌われる勇気』を読みましたが、私は断然こっち。

 

 

 不登校は1日3分の働きかけで99%解決する 森田直樹著

 

不登校の子供を持つ親向けの不登校対策本です。
著者の考える不登校の原因は「心のコップの自信の水不足」であり、解決策として親の声掛けの方法(コンプリメント)が説明されています。

アマゾンのカスタマーレビューは結局は森田直樹さんが行っていらっしゃるトレーニングを受けられた方が多いようなのですが、この本を読んで実践するだけでも効果があるのではないでしょうか。

ちなみにネットを探せばどんどん出てくる不登校セミナーやカウンセリングはどれも胡散臭いものばかりです。人の弱みにつけこんで金儲けしちゃえ的な雰囲気がガンガン伝わってくるのですが、森田直樹先生のトレーニングは怪しいものではないだろうと信じています。
受けてはいないので絶対とは言えないのですが。


コンプリメントは親にとっての修行でもある気がします。
今までの子育てで欠けていた部分を穴埋めするには、親にも相当な努力が必要だと思います。

コンプリメントの実践はもちろん参考になるのですが、今までの自分が行ってきた子育てを振り返り、すごく反省しました。
自分の子育ては、自尊感情や自己肯定感を高めてあげる努力をしなかったのではないか?と思ったからです。


いつも読ませていただいている自由ネコさんの記事がとても参考になります。

 

自由ネコさんが上記で言及されている記事もとても参考になります。
大好きな赤毛のアン。いつも優しく「そうさの~」というマシュウをこうとらえるか!と感動すらいたしました。

ちなみに我が家には、村岡花子翻訳版の赤毛のアンが今も本棚にそろっています。
不登校娘の愛読書です。
娘の将来の夢はプリンスエドワード島に行く事です。

 

子どもへのまなざし 佐々木正美著

 

最後に、これから出産する方、小さなお子様がいらっしゃる方に読んでいただきたい子育て本です。
子育てに関する本はこの1冊でオッケーだ!と断言してもいい良著です。
ただし、子育てのマニュアル本ではありません。
バイブルと言う方が正しいかも。
この本をベースに、自分の子育て論みたいなものを作っていけば良いのだと思います。
子育てをする前に、早くこの本をしっかり読んでおけば、こんなにたくさん失敗する事もなかったかも?と思ったりします。

 

 

 

 

以上(^^)/

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 兄と妹へ にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ