華日記 子育てと、趣味と、生活と。

子育て、趣味、生活、星野源について綴ります。

「イタリア産トマト缶」は実は「中国産トマト缶」という恐ろしい真実~MUTTIのトマト缶

こんにちは。はなでございます。

 

我が家は全員パスタ好きで、トマト缶をしょっちゅう購入します。
いつも必ず「イタリア産トマト缶」を購入するようにしていたのですが・・・。

 

日本で「イタリア産トマト缶」として売られているトマト缶は、実は大半が「イタリアが中国から輸入した中国産トマトをイタリアで加工したトマト缶」という事実を知り、ショックで寝込みました(ウソ)。

 

スーパーで売っている食品をよーく見てみると、原材料の欄にはナス(国産)とか、きゅうり(中国産)とか表示されていますよね。

でも、輸入食品の場合、原料原産地表示のルールは適用されません。


そのかわり、どこの国から輸入されたのかを示す「原産国」が表示されます。
「原産国」の項目が設けられ「原産国:イタリア」などと書かれます。
これは、原料の原産地を示しているわけではありません!!!

つまり、このカラクリがトマト缶にも適用されているわけで。

私、若い頃は中国からインテリア用品を輸入する貿易会社で海外営業をしておりました。
私の担当はアートフラワー。
本物ではない造り物のお花です。

香港の工場に中国大陸から花器(フラワーベースや籠など)を輸入し(当時は香港はイギリス植民地だったので輸入になります)、香港でアートフラワーと花器をアレンジ加工し、日本に輸入するという加工貿易です。


この加工して輸入した物には「Made in Hong Kong」と表記されるわけです。
決して、「Made in  China」ではありません。

食品だけではないのです。
工業製品でも最終加工地が原産国表示されるわけです。

そんなわけで、いくら中国産と書かれている食材を買わないようにしても、結局隠れた中国産食材を私たちは買わされているんですよね。

メーカーによって、薄~い、酸っぱ~いって感じのものがあるなあとは思ってたんですけどね。

なので、この問題に関する記事を読んでから私はトマト缶は必ずこのブランドを購入するようにしています ↓↓↓

 

MUTTI ファインカットトマトです!

料理研究家の浜名千波さんもこれを使っていると雑誌か何かで書かれていたのを見た事があるので、かなり安心。

 

そして御覧ください!!
なんとイタリア産と書いてありマス!!

ムッティ社は1899年にイタリアの美食の町・パルマで創業された老舗メーカーです。
トマト加工品を多数取り扱っており、ブランドの知名度はイタリアでもトップレベル。
その確かな味と高い品質から今では世界中で愛されています。

加藤産業公式サイトより

 

イタリア産のトマトだけを使用したトマト缶などで有名なムッティ社。
環境問題にも積極的に取り組んでいます。

2010年から今日まで世界自然保護基金(WWF)と協同してムッティ社の水の消費量削減に努めているそうで、予め設定された目標数値3%減を大幅に超える4.6%削減を達成したという。

また、2010年から2015年までに2万トンの二酸化炭素排出量削減にも成功しているようで、この数字はミラノ・ロンドン間の約9万1000回のフライトで排出される二酸化炭素量に値するそうです。

この会社、きっと信用してもええよね?

MUTTI公式サイト